イタリア料理の英語。コースメニューを英語で表すなら?

イタリアンレストランで、メニューがイタリア語とカタカナで表記されていると
外国人のお客様にはわかりづらいですよね。

英語での表現も添えておくと、スムーズな接客ができて時間短縮にもつながります。
イタリアンメニューの英語表記について、翻訳会社のプロが翻訳してみました。

イタリアンレストランのコースメニューを英語で表現

(1)アンティパスト(前菜) Antipasto (appetizer)
メイン料理の前にお楽しみいただく一皿です。ワインのおつまみとしてもおすすめのメニューです。
A dish you eat before your main course. We also recommend these as snacks you can enjoy with a glass of wine.

アンティパストフレッド(冷製の前菜) Antipasto Freddo (cold appetizers)
アンティパストカルド(あたたかい前菜) Antipasto Caldo (warm appetizers)
アンティパストミスト(前菜の盛り合わせ) Antipasto Misto (assorted appetizers)

(2)プリモピアット(第一の皿) Primo Piatto (starter)
パスタやピザ、リゾット、スープからお好みのメニューをお選びください。
Please select one dish from the choices of pasta, pizza, risotto or soup.

(3)セコンドピアット(第二の皿、メイン料理) Secondo Piatto (second, or main, dish)
メインディッシュには、肉料理や魚料理からお好みのメニューをお選びください。
For your main course, you can select the meat or fish dish of your choice.

(4)コントルノ(付け合せ料理) Contorno (side dish)
付け合せ料理には、サラダやマリネ、バーニャカウダなど野菜メニューをご用意しています。
For a side dish, we have prepared an ample vegetable menu including salad, marinated dishes, bagna càuda (Piedmont-style vegetable fondue) and more.

(5)カフェ(コーヒーなどのドリンク) Caffè (coffee, etc.)
コーヒーやエスプレッソはいかがでしょうか。
Would you like a coffee or espresso?

(6)ドルチェ(デザート) Dolce (dessert)
食後のデザートには、ジェラートやパンナコッタ、ティラミスをご用意しています。
For dessert we offer gelato, panna cotta and tiramisu.

イタリア料理の英語については、下記もあわせてぜひご覧ください!

パスタやスパゲティは英語?飲食店での接客に役立つフレーズ

翻訳のプロが教える、スパゲティやパスタメニューの英語表記

最後に

当媒体World Menuでは、紹介記事の他にも4000語以上の翻訳のメニューや接客フレーズなどを制作してきました。

これらの制作を通じて、外国人観光客の方に選ばれるお店は「英語で的確なメニューが置いてある。」という傾向を発見しました。

そこで「World menu」ではあなたのお店の人気 10品のメニューを無料で「的確な」英語メニューを制作するキャンペーンをおこなっております。

「外国人の対応で困った」「世界中のいろんな人たちに料理を提供したい」とお考えのサービス業・飲食店の方は、ぜひ、チェックしてみてください。

翻訳のプロが作る外国人向け英語メニュー10品無料作成キャンペーンを是非お試しください。

英語メニュー 無料作成プラン

ABOUTこの記事をかいた人

翻訳監修

セス ジャレット:Seth Jarrett

カナダ出身。翻訳会社のアイ・ディー・エー株式会社に13年以上在籍。翻訳者のクオリティーチェックから英語のリライトまで幅広く対応。自らパンやスイーツをつくる料理人でもある。