売上を少しでもサポート!飲食店が導入すべき無料コロナ対策サービス6選

4月8日に発令された緊急事態宣言や、全国的に呼びかけられている外出自粛により「テイクアウト営業に切り替えたがお客さんが来ない」「在庫処分に困る」「明日の生活も苦しい」という飲食店が続出しています。
そこで今回は、新型コロナウイルスの影響を受けている飲食店が今すぐ無料で導入できる「飲食店サポートサービス」を紹介します。
いつ終息するかわからない新型コロナウイルスだからこそ、早めの対策でお店を存続させましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(目次)
⑴テイクアウトの導入
・食べログ テイクアウト
⑵集客
・食べログ「テイクアウトできるお店特集」
・Googleマップ「テイクアウト」「デリバリー」表示機能
・LINE「新型コロナ対応無料配信」機能
⑶先払いサービスの利用
・さきめし
⑷番外編
デリバリーを始めるなら「スタートデリバリー」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テイクアウトの導入

食べログ テイクアウト

昨年11月に配信スタートしたテイクアウト専門アプリ「食べログ テイクアウト」。
アプリ利用者が現在地周辺でテイクアウト対応している飲食店を探し、簡単に注文・事前決済できるサービスです。
飲食店側は、アプリのユーザーから注文連絡(メール・電話)を受け取った後、ユーザーが来店するまでに商品を調理するだけです。

(出典:株式会社カカクコム

このサービスを利用すれば、新型コロナウイルスで問題視されている「3蜜」のうち、特に回避しにくい「密集場所」と「密接場面」の問題を解決することができます。
例えば、テイクアウト注文してから商品を受け取るまでお店の中で待つ人が「密集場所」を作ってしまうという問題がありますが、「食べログ テイクアウト」ではユーザーが来店前にメニューを注文するため待ち時間が発生しません。
また、商品代金はアプリ内で事前決済されるため、「お会計」というお店のスタッフとユーザーの「密接場面」を回避することができます。

本来このサービスを利用するには、1オーダーにつき9%の販売手数料と、決済手数料(Visa・Master 2.6 %、JCB・AMEX・Diners 3.0 %)がかかります。
しかし、新型コロナウイルスの影響を受ける飲食店が急増していることから、期間限定で「食べログ テイクアウト」の販売手数料が0%になっています。
ぜひ「食べログ テイクアウト」に掲載申し込みしてはいかがでしょうか。

<販売手数料無料キャンペーン対象期間・店舗>
対象期間:2020年4月6日(月)~5月30日(土)
対象店舗:2020年4月6日(月)~4月30日(木)までにテイクアウトアプリへの掲載に関する契約をした飲食店

集客

食べログ「テイクアウトできるお店」

2020年4月7日、株式会社カカクコムは、会費無料の「食べログ店舗準会員」に登録している飲食店が無料でテイクアウト情報を掲載できるサービスを開始しました。

(出典:食べログ「テイクアウトできるお店特集」

食事をテイクアウトで済ませたい人が急増している一方、どこのお店がテイクアウト対応しているのかなど、消費者が街中でテイクアウト可能な飲食店を見つけるのは意外と難しいです。
そんな消費者を上手く集客するために、食べログでテイクアウト情報を発信してはいかがでしょうか。

このサービスを利用すると、飲食店がテイクアウト営業をしている日は、店舗一覧ページや各店舗ページで「本日テイクアウト可能」というラベルが表示されます。
また、食べログ「テイクアウトができるお店」特設サイトではテイクアウト営業をしている飲食店を掲載しており、消費者がエリア・ジャンルごとにテイクアウト可能な店舗を検索できます。
会員登録・テイクアウト情報掲載には一切費用がかからないため、今すぐ集客したい飲食店におすすめです。

Googleマップ「テイクアウト」「デリバリー」表示機能

Googleマップに、飲食店が「テイクアウト」「デリバリー」情報を無料で発信できる機能が追加されました。
この機能により、モバイル版(Android、iOS)Googleマップの検索枠の下に「テイクアウト」「デリバリー」と書かれたボタンが表示されるようになりました。これを押すと「テイクアウト」「デリバリー」対応店舗だけを検索することができます。

この「テイクアウト」「デリバリー」は、Googleマイビジネスにオーナー登録している飲食店が登録情報を更新することで表示されるようになります。

しかし現在Googleマイビジネスでは、一時的に健康関連ビジネスへの重要な編集についての審査を優先しているため、登録情報を更新後「テイクアウト」「デリバリー」が表示されるまで少々時間がかかるようです。
「テイクアウト」「デリバリー」を表示させたい方は、すぐに情報を更新しておきましょう。

もちろんGoogleマイビジネスにまだオーナー登録(無料)していない飲食店も、新たにオーナー登録することで上記のGoogleマップの機能を利用することができます。
Googleマイビジネスへの新規登録も、Googleマップの新機能の利用も、どちらも無料です。
地図アプリ利用者数が日本でNo.1のGoogleマップの新機能、ぜひこの機会に集客に役立ててみてはいかがでしょうか。

LINE「新型コロナ対応無料配信」機能

「LINE公式アカウント」に、コロナ対応のメッセージを1日2回まで無償で配信できるサービスがスタートします。
コロナ対応メッセージを作成時に選択できるカテゴリーには、「テイクアウト」「デリバリー」「宅配」も含まれています。

(出典:LINE for Business

LINE公式アカウントには、月額が無料のフリープランから月額15,000円のスタンダードプランがありますが、今回のサービスはどのプランで登録していても4月16日~6月30日(予定)までは無償で利用できます。

毎日アプリを開くLINEメッセージを配信すれば、お店の情報がお客様の目に留まる可能性が高いです。
「テイクアウト」「デリバリー」「宅配」サービスを開始したことを、LINEでお知らせしてはいかがでしょうか?

在庫処分

コロナ支援・訳あり商品情報グループ

Facebookで話題の「コロナ支援・訳あり商品情報グループ」。開始4日でグループ参加者11万人を突破し、現在も一日数万人単位で参加者が増え続けています。

このグループは、賞味期限切れや在庫を抱えたお店を救済するグループです。
お店側はグループ内で、廃棄しなければいけない商品を訳あり価格で販売するお知らせをして、購入希望者を募る仕組みです。

(出典:コロナ支援・訳アリ商品情報グループ

在庫が「売り切れ」に達したお店も数多くあります。
「売り切れ」になったお店のメッセージには、下記の内容(必須項目含む)が端的に記載されているという特徴があります。
これを参考に、グループの「ルール」をしっかり確認しながら「グループ参加者の目に留まるメッセージ」を作成してはいかがでしょうか。

<メッセージに記入する項目>
・ 写真
・商品名
・販売価格(通常→30%オフ以上の価格)
・商品説明
・販売理由
・送料
・在庫数
・注文方法
・ルール確認しました

掲載する写真は、商品の美味しさが伝わるもの、生産者の努力が伝わるものを選ぶとグループ参加者の目に留まりやすいです。
また、注文方法はFacebookでの個人連絡、公式LINEや公式HPへの誘導など、在庫数に合わせて対応しやすいものにしましょう。

先払いサービスの利用

さきめし

さきめし」とは、Gigi株式会社が提供する食事代先払いサービスです。
外出を自粛している方が、新型コロナウイルス終息後に訪れたい飲食店に対して「ごちめし」の機能を活用して食事代を先払いする仕組みです。

(出典:さきめし

飲食店は、完全無料で利用できる「ごちめし」に登録することで、お客様に食事代を先払いしてもらえます。
食事代は、お客様からの入金後一週間以内に飲食店へ支払われます。
新型コロナウイルスの影響でお店の存続が厳しい今、食事代がすぐに支払われるシステムは飲食店にとってありがたいのではないでしょうか。

この「食事代先払い」は、新型コロナウイルスの影響を受ける飲食店への応援の気持ちです。
そのため、食事代を先払いしたお店が閉店した場合は食事代が返金されません。
お客様からの応援の気持ちを受け取り、新型コロナウイルス終息後に美味しい食事を提供しましょう。

番外編

デリバリーを始めるなら「スタートデリバリー」

現在新型コロナウイルスの影響で「なるべく家から出ずに食事を済ませたい」という人が急増し、デリバリーの需要が高まっています。
しかし、デリバリーを始めたくても、経済的・時間的・肉体的コストを考えると導入に踏み切れないという飲食店は多いのではないでしょうか。

そこで「番外編」では、飲食店がデリバリーを始めるときにかかる時間的・肉体的コストを削減してくれる「スタートデリバリー」を紹介します。

(出典:スタートデリバリーFacebook

「スタートデリバリー」は、デリバリーをはじめるために必要な「製造(調理)」以外の工程(商品開発/販路提供/販売促進/注文受付/決済/配達)をサポートするサービスです。
このサービスを利用すれば、飲食店は時間的・肉体的コストをカットして製造だけに集中できます。
また、「スタートデリバリー」は少額の費用投資のみで簡単にデリバリーを始められるため、新型コロナウイルスの影響を受ける飲食店におすすめです。
デリバリーの導入を視野に入れている方は、こちらのサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

おわりに

本編では、飲食店が無料で利用できる、新型コロナウイルスの影響を受ける飲食店を支援する無料サービスを紹介しました。
テイクアウトの導入だけでなく、在庫処分や食事代先払いサービスなど飲食店の新型コロナウイルス対策は多岐にわたります。
今回紹介したサービスは、どれもすぐに導入できるものです。
新型コロナウイルス終息後、笑顔でお客様を迎えられるように、サービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

英語メニュー 無料作成プラン

ABOUTこの記事をかいた人

趣味・特技は写真撮影。主に食べ物、ポートレート撮影のご依頼をいただいています。 また、Instagramでは企業様から依頼をいただきグルメレポーターカフェアンバサダーとして活動。