外国人に人気!日本酒を英語で伝える接客フレーズ集

「日本のお酒を飲むこと」が訪日目的の上位に!

日本を訪れる外国人は、2017年度は約2869万人を数え、
なかでも、2回以上日本を訪れたことのあるリピーターは61.4%を占め、
さらに、訪日目的の上位に上がっているのが
日本の酒を飲むこと」や「温泉入浴」。
観光地めぐりとともに、日本文化や食文化に興味をもつ人が増えています。
(出典:平成29年訪日外国人消費動向調査【トピックス分析】訪日外国人旅行者の訪日回数と消費動向の関係について)

何度も日本を訪れている外国人観光客は、旅行口コミサイトでの投稿や
個人のブログ、SNSなどを通じて、実にレアな情報をたくさん収集しています。
その地域でしか知られていない小さな飲食店や観光の穴場を訪れたり、
よりディープな日本を楽しみたい、という積極的なリピーターも多いようです。

飲食店にとっては、売上拡大のビッグチャンス!
旅先でおいしい料理を楽しみながら、日本ならではのお酒が味わえることも
外国人にとって飲食店選びの大きなポイントになり得ますね。

外国人のお客様に、英語で日本酒をおすすめする際に役立つ
接客英語のフレーズを覚えておくと安心ですね。

外国人に日本酒の楽しみ方を伝える接客英語のフレーズ

(お店)お飲み物は何になさいますか?
Would you like something to drink?

(外国人)おすすめのお酒はありますか?
Do you have any recommendations for alcoholic drinks?

(お店)この料理には日本酒が合いますよ。
Sake is a good match for this dish.

(お店)日本酒を飲んだことはありますか?
Have you ever had sake?

(外国人)はい、あります。
Yes, I have.

(外国人)いいえ、ありません。どんなお酒ですか?
No, I haven’t. What kind of liquor is it?

(お店)日本酒は発酵させた米と、水で作る日本独自のお酒です。
Sake is a unique Japanese liquor made from fermented rice and water.

(お店)日本酒は一万種類以上あるともいわれています。
There are more than 10,000 kinds of sake.

(お店)全国各地に酒蔵があり、味にはそれぞれに個性や特長があります。
There are sake breweries throughout the country. Each sake has its own unique flavors and nuances.

(お店)日本酒は、冷やしても常温でも温めてもおいしくお飲みいただけます。
Sake can be enjoyed chilled, at room temperature, or hot.

温度で変わる日本酒の味わい方を英語で説明するフレーズ

冷酒(Chilled sake)
お酒やグラスを冷やして飲みます。香りが引き立ち、爽やかな味わいは夏におすすめです。
Both the sake and the glass are chilled. The aroma and refreshing taste of chilled sake is best appreciated in the summer.

冷や(Room temperature sake))
常温で飲むお酒です。甘味や酸味、苦味などバランスよく感じられ、日本酒本来のおいしさが味わえます。
Room temperature sake offers the original taste of Japanese sake with the best balance of sweetness, acidity, and bitterness.

ぬる燗(Warm sake)
人肌に近い温度、35〜40度程度に温めた燗酒です。香りが引き立ち、深い味わいが楽しめます。
By warming sake to about 35 to 40 degrees Celsius, the fragrance and deeper flavors of the sake are released.

熱燗(Hot sake)
50度程度に温めた燗酒。香りがシャープになり、キレのよい辛口の日本酒の味わいが深まります。
Hot sake is warmed up to a temperature of about 50 degrees Celsius. Dry sake is best served hot so that the sharp fragrance and taste can be fully appreciated.

日本酒の味わいを英語で表現するフレーズ

甘口 Sweet
辛口    Dry
酸味がある  Acidy
苦味がある  Bitter
重みがある Heavy
コクがある   Rich
キレがある  Sharp
フルーティーな   Fruity
新鮮な   Fresh
さわやかな   Refreshing
軽やかな  Light
芳醇な  Mellow
香り豊かな Fragrant

柔らかい   Mild
飲みやすい Easy-to-drink

酒器やお酒の飲み方を英語で説明するフレーズ

お猪口 Ochoko (Small sake cup)
徳利  Tokkuri (Sake bottle)
ぐい呑み Guinomi (Large sake cup)

コップ Cup
升(ます)  Small wooden box used for drinking sake

【お酒の単位】
徳利:一合(180 ml)One-hundred and eighty milliliter

   二合(360 ml)Three-hundred and sixty milliliter

一合ですか、二合ですか?
Would you like one-hundred and eighty milliliters or three-hundred and sixty milliliters?

冷か燗のどちらがよろしいですか?
Would you like it at room temperature or hot?

徳利のお酒をお猪口に注いでお召し上がりください。
Pour from the sake bottle into a small sake cup and enjoy.

熱くなっておりますので、お気を付けください。
Please be careful as it is hot.

まずはお酒の香りを楽しんでみてください。
Please enjoy the aroma first.

一口目は一気に飲み干さず、少し口に含んで香りと味をお楽しみください。
With your first sip, try to let the sake linger in your mouth a little to truly appreciate its fragrance and taste.

【盛りこぼしのサービスがある場合】
最初にコップのお酒を飲み、最後に枡に入っているお酒をコップに移してお召し上がりください。
First drink from the cup, and then pour what is left in the wooden box into your cup.

日本酒をお出しする際に、コップと枡で提供する「盛りこぼし」は
日本独特の文化を体験できて、おもしろいですね。

また、全国各地に点在する老舗の酒蔵の、入手困難な銘柄を
メニューに追加してみたり、味の特長を簡単に英訳したメニューなどもあれば
外国人観光客も気軽にチョイスできます。
お酒の特長や飲み方などを英語で明するのは難しいけれど、
メニューにあらかじめ記載しておくと接客もスムーズです。

日本通のリピーターが何度も訪れたくなるような
おいしいお酒をぜひメニューに加えてみてはいかがでしょうか。

最後に

当媒体WorldMenuでは、紹介記事の他にも4000語以上の翻訳のメニューや接客フレーズなどを制作してきました。

これらの制作を通じて、外国人観光客の方に選ばれるお店は「英語で的確なメニューが置いてある。」という傾向を発見しました。

そこで「Worldmenu」ではあなたのお店の人気 10品のメニューを無料で「的確な」英語メニューを制作するキャンペーンをおこなっております。

「外国人の対応で困った」「世界中のいろんな人たちに料理を提供したい」とお考えのサービス業・飲食店の方は、ぜひ、チェックしてみてください。

翻訳のプロが作る外国人向け英語メニュー10品無料作成キャンペーンを是非お試しください。

英語メニュー 無料作成プラン